Home> 陰茎増大

陰茎増大

陰茎増大

陰茎増大とは?

陰茎増大術とは陰茎部(サオ)にヒアルロン酸やご自身の脂肪を注入することで陰茎を太くする治療です。
平常時・勃起時ともに注入部位が太く大きくなることで陰茎全体の見た目を改善します。
またペニスがより重くなり垂れやすくなるため長茎効果も得られます。

陰茎増大の治療方法

帯広中央クリニックの陰茎増大には2種類の治療法があります。

高分子ヒアルロン酸注入

皮膚の構成成分の一つであるヒアルロン酸を陰茎に注入して大きくします。
高分子ヒアルロン酸は美容外科においてもバストのボリュームアップなどにも使用されている安全性の高いヒアルロン酸です。また高分子ヒアルロン酸は従来のヒアルロン酸に比べ一つ一つの粒子が大きいため、持続期間も従来のヒアルロン酸より長く約2〜3年持続します。注入量の目安は陰茎の太さ・長さによりますが、平均注入量は、10cc〜20ccになります。少量から始めたい方は1ccからでも注入可能です。

ヒアルロン酸注入による陰茎増大術の特徴

  • 注射だけで簡単・手軽に陰茎増大が可能です。
  • 注射の量をご希望に応じて追加で注入できます。
  • 脂肪注入に比べて脂肪吸引手術が不要のため、体への負担が少ないです。
  • 注射後も通院の必要がなく、治療時間も10分程度ですので、当日すぐに仕事に行くことも可能です。

陰茎増大(ヒアルロン酸)治療後の注意事項

  • 治療当日よりシャワーは可能ですが、患部を濡らさないようにして下さい。
  • 入浴は治療1週間後から可能です。
  • アルコールや激しい運動は3日間控えて下さい。
  • 性行為やマスターベーションは3週間控えて下さい。

脂肪注入(ファットグラフト)

脂肪注入による陰茎増大術とは、自分の下腹部や太もも・お尻から脂肪を採取し、その脂肪を陰茎に注入して陰茎をより太く、たくましくする治療です。
脂肪注入による陰茎増大術の最大の特徴は、脂肪の注入量 の30〜40%(脂肪の定着率)が永久的に残る点です。

脂肪注入とは?

皮下脂肪がある下腹部、太もも、お尻のいずれのうちの1カ所から脂肪の採取を行います。 吸引した脂肪を洗浄・加工した上で、ペニス(陰茎)に脂肪を注入します。

陰茎増大(脂肪注入)治療後の注意事項

  • ペニスに包帯を巻きます。脂肪を採取したところは、3日間テープで圧迫しています。
  • 脂肪採取部の創部は、通常7日目に抜糸します。
  • 手術当日よりシャワーが可能です。ただし、患部を濡らさないようにして下さい。
  • アルコールは3日間控えて下さい。制限なく飲酒が可能なのは、1週間後からです。
  • 性行為やマスターベーションは治療4週間後より可能です。

よくあるご質問

Q.亀頭や陰茎に注入しても害はありませんか?
当院では一人一人のペニスに合わせて注入量を変えますので大丈夫です。
さらにご自身の細胞ですのでアレルギー等の心配もなく安心・安全です。
Q.持続期間は?
定着したものは半永久的に持続します。
Q.治療後に注意することはありますか?
治療後は、最低でも飲酒は3日控えて下さい。
入浴は治療後1週間後から、性行為・マスターベーションは4週間後からにして下さい。
Q.経過はどのような感じですか?
吸引部:
当日=打ち身のような鈍痛があります。
翌日=動くと痛い時があります。
3日目以降=内出血が生じることがありますが、徐々に消失していきます。

陰茎部:
当日は鈍痛や熱感があります。3日間は包帯を巻くので圧迫感があります。
4日目以降〜痛み熱感は時間と共に弱くなってきます。一か月後に脂肪が定着すれば完成です。

料金

診療内容 料金(税抜き)
陰茎増大(ヒアルロン酸) 100,000〜400,000円
陰茎増大(脂肪注入)/ファットグラフト 500,000円
症例写真はこちら